晟銘電子科技股份有限公司

Tools

前言

金属部品

本工場は2002年より金属粉末射出成型製造プロセス(Metal Injection Molding、略称MIM)を導入しています。セラミック粉末射出成型技術に源を発するMIM技術は、今日製造業における重要な一部となっています。MIMの製造プロセスの特性は難易度の高い複雑な形状をした部品の製造に特に適しています。ここで使用する粉末は微細なもので焼結後の表面の粗さは低く、腕時計ケース、アクセサリー、携帯電話などの製品の外観部品に適しています。MIMの製造プロセスは1組の金型のみが必要であり、一つの金型に多くの穴を開けることが可能です。大量生産する小型ワークに特に適しています。上述の特長以外にもMIMはチタン合金等の医療機器や航空宇宙産業で使用する金属部品などの多孔性または金属複合材にも適しています。

文章

金属粉末成型の特色(MIM)

icon-check

複雑な形状で、高い精密度と高い強度の材質による金属機械部品に特に使用します。

icon-check

材料の開発には各種金属合金の応用が可能であり、高い可塑性があります。

icon-check

大量生産が可能で、従来の金属加工プロセスとコストを低減する優位性を持っています。

材料と応用分野

金属粉末成型製造プロセス

MIM製造プロセスは金属粉末とバインダーを混合してベレットを作り過熱します。そして射出機で加熱したベレットを金型に射出して成型します。成型後のグリーン体は脱脂プロセスを経て、あらかじめ混入したバインダーを除去してから焼結します。焼結すると密度95%以上の高密度、高強度の製品となります。過去10年余り、MIM製造プロセスは米国、日本、ドイツなどの先進国で急速に発展した新しい製造プロセス分野です。禁煙ではアジアで急速に成長しており、晟銘は10数年にわたる努力を経て、MIM製造プロセスの技術と生産面においてトップの地位にあります。さらに後処理と2次加工能力を擁し、お客様に充実した製品サービスを提供しています。

影音

設備装置と製造工業技術

お客様のリアルタイムかつ多様化したニーズに対応するため、当社は各種精密先進機器の導入を続けて生産力を高めています。高い精密度の寸法測定と機械性の高い全自動化加工装置、さらにプロフェッショナルな精鋭技術チームによって随時お客様の各種新製品の技術開発に協力することで当社はベストな競争アドバンテージを保ち、また充実した生産環境で将来の多様化するニーズに応えます。